毎日レベルアップ〜アラサー男の成長記録〜

愛しの我が子が生まれて、三人家族になりました! これからもレベルアップ目指します!

日常

貯蓄を増やしたい!

投稿日:2020年9月4日 更新日:

本日のテーマは貯蓄です!

自分自身、そこまでお金を使う趣味というものはないのですが、お金がたくさんあるかというとそうでもありません……

しかし、貯蓄の方法はわかります!!

問題はそれが、できるかどうかなのです。

大きく分けて2通りです。

  1. 収入を増やす!
    1. 本業の給料を増やす。資格取得等、出世。
    2. 副業等で収入を得る
    3. 株式等の投資
  2. 支出を減らす
    1. 節約する。
    2. 経費を増やす。

と言ったところでしょうか。

実際、自分自身がどれだけできているのか? という部分はありますが、それなりに挑戦している部分ももちろんあります。

一つ目の収入を増やすという部分に関しては一定の成果が出始めています。宅建士等の色々な資格の取得により、資格手当を貰えるようになったり、基本給の上昇、今期からは役職手当を貰えるようになりました。

しかし、彼女との出会いにより、本業だけでなくほかに収入を増やすことはできないだろうか?と考え始めました。

それが副業としてのブログ運営です。将来的にはグーグルアドセンス等をブログに置けるようになると嬉しいです。その為にも自分なりに当サイトの記事の数を増やしていきたいと考えています。またライティングの技術も上げたいと思い始めました。

株式投資などに関しては、20歳になった時から始めています。問題は成績が芳しくなく、最近では配当や優待を貰える株式を購入することで進めています。将来的には一部、不動産投資したいと考えています。

収入を増やす。という方法以外では節約や経費を増やすというものがあります。

同棲を始めてから、自炊などをする頻度が上がりました。そのことによって支出は減っていると思います。しかし節約ばかり考えて彼女に負担を強いたくはありません。感動するほど上手な自炊をするか、支出すべき時は支出して笑顔にしたいですね。

また、最後の経費ですが、家庭で経費ってなんだ? と思うかもしれません。

経費というのは、いわゆる控除というものです。

給料からは基礎控除がまず引かれます。そこから医療費控除や保険控除、住宅ローン控除等、多くの控除があります。これらを利用することによって所得に対しての税金を抑えることが出来ます。 

実際、自分が出来ているかというと、そうではありません。

自分の人生の中で、わかっているつもりで分かっていないことや、できているつもりで出来ていないこと沢山あります。それらをこのブログを作っていく中で、学びながら実際におこなっていけたらいいなと思います。

さいごに

ブログを書きまくって書きまくって、かつライティングの技術を学び、たまたまでもこのブログを見た人に面白いと思ってもらえると嬉しいですね。

その為にも記事を書くスピードを上げていきたいと思います!

閲覧頂きありがとうございました!


アラサー日記ランキング

スポンサーリンク<br/><br/>
スポンサーリンク<br/><br/>

-日常
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三竹寿 アクロスプラザ古島駅前店 行ってきたよ

6月23日慰霊の日につけ麺で有名なお店の『三竹寿』に行ってきました。写真を交えながら、僕なりの最高の食べ方を紹介していきたいと思います。本日食べたのは味玉濃厚豚骨魚介つけ麺特盛です!ほろほろの大きめの三枚肉に、味のしみた玉子、コシのある麺を濃厚なスープに絡めて食べて、最期は追い飯で、雑炊風に濃厚なスープをかっ込みます!

グーグルアドセンス審査通過!

グーグルアドセンスに通過!8月31日に始めて、9月14日に通過しました。誰かに褒めてほしい。

彼女の誕生日

ただの惚気になります!彼女の事が好きな男の独り言です。

我が家の晩御飯~妻の作ったごはんを紹介~

皆さん、こんばんは、みーつです。 息子が産まれるタイミングで、妻が産休、育休に入りまして我が家のキッチンには妻が立つことが増えました。 味覚は二人とも似ていて、お互いのご飯を美味しい美味しいと言いなが …

小説家を目指していた時期があるけれど

小説家を目指していた頃を、思い出しながら記事にしました。創作を夢にしたきっかけや、実際に書いてみた小説の事等を書いています。小説を書くというのはなかなか難しくて、たくさんの時間を使ったはずなのに思い返してみれば作品の数はそれほど多くなかったなと思いました。いつか、自分の小説をどこかのサイトに載せてみたいと思っています。